甲状腺の病気とは

 
甲状腺の病気には大きく分けて三つの種類があります。
1)甲状腺のホルモンが増えすぎる病気で代表的な病気…バセドウ病
2)甲状腺のホルモンが減っていく病気で代表的な病気…橋本病
3)腫瘍…他の臓器と同じく良性、悪性(がん)の腫瘍があります。
 

 1  甲状腺のホルモンが多い場合(甲状腺機能亢進)

 
暑がりになる。
汗かきになる。
疲れやすい。
動悸や息切れがする。
落ち着きがなくイライラする。
食欲はあるのに体重が減る。
手足が震える。
首(のど仏の下)がはれている。

 2  甲状腺のホルモンが少ない場合(甲状腺機能低下)

 
何もする気がなくなる。
皮膚が乾燥してガサガサになる。
寒がりになる。身体がむくむ。
髪の毛や眉が薄くなる。
声がかすれたり、低い声で話すようになる。
便秘がちである。
物忘れが多くなった。
食欲がない。
体重が増えた。

 3  甲状腺腫瘍

首ののど仏の下にある甲状腺の部分のしこりがある。
声がかすれる。

これらの症状のある時は甲状腺の病気かもしれません。気軽にご相談ください。
 

 

■ 基本情報

■ こぶしクリニック

院長 角 誠二郎

内科
糖尿病・内分泌内科
小児科・禁煙外来(保険適用)

〒359-0033
埼玉県所沢市
こぶし町1-17-101

TEL 04-2993-5866
E-mail kobushiclinic@gmail.com

診療時間
午前9:00~13:00
(受付12:30まで)
午後15:00~18:00